異端者たちのセンターサークル : プロサッカー選手を育てるということ

著者

    • 海江田, 哲朗 カイエダ, テツロウ

書誌事項

異端者たちのセンターサークル : プロサッカー選手を育てるということ

海江田哲朗著

(サッカー小僧新書, 007)

白夜書房, 2011.11

タイトル読み

イタンシャ タチ ノ センター サークル : プロ サッカー センシュ オ ソダテル ト イウ コト

大学図書館所蔵 件 / 10

内容説明・目次

内容説明

凋落の一途をたどる東京Vにとって、育成組織はなけなしの誇りだった。さまざまな苦境においても、育成に対する自負がクラブを支えていた。なぜ、多くのプロが生まれたのか。指導者が変わっても、方針やノウハウを保つことができるのか。そして、育成のアドバンテージをトップの強化につなげられなかった理由は—。

目次

  • 第1章 異端—サッカー小僧の楽園(日常の風景—大人と少年の真剣勝負;「あるところにしかない」もの ほか)
  • 第2章 日常—選手、指導者たちが集う何か(ヴェルディの選手だけが持つ何か;ランドに育まれた幸せな選手 ほか)
  • 第3章 育成—プロを育てる指導理論(小学6年生が書いた「ヴェルディへの決意」;森本貴幸がかけた言葉 ほか)
  • 第4章 凋落—Jリーグ以降の忘れもの(天才サッカー少年たちの系譜;「(己の生ぬるさを)感じながらプレーしていた。」 ほか)
  • 第5章 再起—ヴェルディの誇り(600分の1の素人;川勝監督の魂胆 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ