深沢七郎外伝 : 淋しいって痛快なんだ

書誌事項

深沢七郎外伝 : 淋しいって痛快なんだ

新海均著

潮出版社, 2011.12

タイトル読み

フカザワ シチロウ ガイデン : サビシイ ッテ ツウカイ ナンダ

大学図書館所蔵 件 / 49

注記

参考資料: p256-257

内容説明・目次

内容説明

『楢山節考』で文壇に大きな衝撃を与え、その後も独特な作品世界を築いた深沢七郎。いまだその人気は根強い。ギターの名手、『風流夢譚』事件、放浪、ラブミー農場、今川焼「夢屋」店主、滅亡教教祖…。今再び光が当たる深沢文学は、災禍を乗り越え生きゆく人たちの胸に火を灯す言霊に溢れている。

目次

  • 初対面で聴いた「悲しみの礼拝堂」
  • 『楢山節考』までの漂泊
  • 風流夢譚事件の衝撃
  • ヒグマとともに拓いたラブミー農場
  • 連載エッセイ『わが享楽の人生の道』
  • 18年間に及ぶ佐久との関わり
  • 欲望の大きい人だった
  • 死後19年目の新刊誕生
  • ヤギがいない!
  • 音楽の中に小説があった
  • 終章 著作権が復活する

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB07726774
  • ISBN
    • 9784267018893
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    257p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ