尾張・三河の古墳と古代社会

書誌事項

尾張・三河の古墳と古代社会

赤塚次郎編

(東海の古代, 3)

同成社, 2012.3

タイトル別名

尾張(おわり)・三河(みかわ)の古墳(こふん)と古代社会(こだいしゃかい)

尾張三河の古墳と古代社会

タイトル読み

オワリ ミカワ ノ コフン ト コダイ シャカイ

大学図書館所蔵 件 / 54

注記

参考文献あり

内容説明・目次

内容説明

尾張國・三河國として、律令制下の政治単位に編成されてゆく地域社会に焦点を当て、考古学と文献史学の視点から、各地域が独自性を活かしつつ技術革新を遂げ、次第に國へと収斂してゆく歴史過程を丹念に描く。3部作の完結編。

目次

  • 序論 尾張・三河という領域と古墳時代を二分する出来事性について
  • 第1部 尾張・三河における古墳の成立と展開の軌跡(「伊勢湾地方圏」の成立と解体;白山薮古墳の研究—特異な埋葬施設と豊富な副葬品をもつ前期古墳;尾張における埴輪導入期の様相—高塚古墳への埴輪導入と地域社会の動態;古墳出現前後の三河;志段味古墳群からみた終わりの古墳時代;馬越長火塚古墳と後期首長墓の展開)
  • 第2部 尾張・三河における産業の興隆と社会の変化(東山窯編年の諸問題;須恵器・埴輪併焼窯からみた尾張地域の窯業生産;松崎遺跡と知多半島の土器製塩;三河湾三島の海部による海産物貢納;古代尾張国・参河国の手工業)
  • 第3部 尾張・三河における古代寺院の出現と展開の諸相(尾張地域における古代寺院の動向;三河における古代寺院の成立—西三河を中心に)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB08674290
  • ISBN
    • 9784886215918
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    ii, 375p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ