空よりも広く : エミリー・ディキンスンの詩に癒やされた人々

書誌事項

空よりも広く : エミリー・ディキンスンの詩に癒やされた人々

シンディー・マッケンジー, バーバラ・ダナ編 ; 大西直樹訳

彩流社, 2012.3

タイトル別名

Wider than the sky : essey and meditations on the healing power of Emily Dickinson

空よりも広く : エミリーディキンスンの詩に癒やされた人々

タイトル読み

ソラ ヨリ モ ヒロク : エミリー・ディキンスン ノ シ ニ イヤサレタ ヒトビト

大学図書館所蔵 件 / 28

内容説明・目次

内容説明

エミリー・ディキンスンはアメリカの女性詩人。生前は隠遁し、わずか数篇を発表したにすぎなかったが、死後に膨大な数の詩が発見された。現在ではアメリカを代表する詩人として高く評価され親しまれている。—9・11、航空機事故、愛する者との死別、心を苛む過去のトラウマ…深い悲しみや苦しみ、恐怖のなかで、ディキンスンの詩が心を癒やし、明日を生きる勇気をくれた。

目次

  • 「人間愛の力」—エミリー・ディキンスンの癒やしの手紙
  • 救われた人々の領域から—エミリー・ディキンスンと癒やし
  • 「夏の盛りにある一日が来た」
  • 「気がつく、この意識とは」—エミリー・ディキンスンの現象学の慰め
  • 「もし私が一つの心が崩れるのを止めることができたなら」
  • それは私を苦しませるのを止めた—エミリー・ディキンスンの慰めの言語
  • 破られた沈黙—エミリー・ディキンスンの詩の癒やしの力
  • ユナイテッド・エアライン232便の「希望と飛行」
  • 円が断たれることのないように—9・11以後、エミリー・ディキンスンを読む
  • エミリー・ディキンスン—私である他人
  • 「本当に『朝』は来るの?」—苦痛の旅路を照らすランプ
  • 「空白の要素」—痛みと実験について
  • 空白の要素、こわばった感覚、そして慢性的な痛みの自叙伝
  • 人生の門
  • 「三日月はそれでも保たれる」—エミリー・ディキンスンと哀悼のつとめ
  • 「私自身—中間のことば」

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB08770002
  • ISBN
    • 9784779117671
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xviii, 262, iiip
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ