オリヴァー・ヘヴィサイド : ヴィクトリア朝における電気の天才 : その時代と業績と生涯

著者

書誌事項

オリヴァー・ヘヴィサイド : ヴィクトリア朝における電気の天才 : その時代と業績と生涯

ポール J.ナーイン [著] ; 高野善永訳

海鳴社, 2012.4

タイトル別名

Oliver Heaviside : the life, work, and times of an electrical genius of the Victorian age

オリヴァー・ヘヴィサイド : ヴィクトリア朝における電気の天才

タイトル読み

オリヴァー ヘヴィサイド : ヴィクトリアチョウ ニ オケル デンキ ノ テンサイ : ソノ ジダイ ト ギョウセキ ト ショウガイ

大学図書館所蔵 件 / 64

内容説明・目次

内容説明

ヘヴィサイドは19世紀後半で最も物理学と電気工学に貢献した人物である。だがその割に評価されなかった。ほとんど独学で高級な電気工学と数学の知識を学んだあと、ヘヴィサイドは執拗な戦いをウィリアム・プリースに挑んだ。プリースは英国の郵便公社のボスで電気通信技術の発達を司っていた。プリースは強力な官僚で非常に傲慢であり、進歩の障害でもあった。憐れなヘヴィサイドの頼りは頭脳だけだった。それに対してプリースは絶大な権力を持っていた。彼らの戦いは非常に激しい人間と人間のぶつかり合いであり、一篇のメロドラマであった。

目次

  • 第1章 ヘヴィサイドの生い立ち
  • 第2章 青少年時代
  • 第3章 初期の電信理論
  • 第4章 電信に関するヘヴィサイドの初期の研究
  • 第5章 えせ科学者
  • 第6章 マクスウェルの電気学
  • 第7章 ヘヴィサイドの電気力学
  • 第8章 プリースとの闘い
  • 第9章 四元数をめぐる大戦争
  • 第10章 奇妙な数学
  • 第11章 地球の年齢をめぐる論争
  • 第12章 隠棲者の晩年
  • 第13章 終章

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB09199840
  • ISBN
    • 9784875252887
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    559p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ