ディケンズ文学における暴力とその変奏 : 生誕二百年記念

書誌事項

ディケンズ文学における暴力とその変奏 : 生誕二百年記念

松岡光治編

大阪教育図書, 2012.10

タイトル読み

ディケンズ ブンガク ニオケル ボウリョク ト ソノ ヘンソウ : セイタン ニヒャクネン キネン

大学図書館所蔵 件 / 66

注記

奥付の責任表示: 編著者: 松岡光治

使用文献一覧: p264-269

図版一覧: p270-274

内容説明・目次

目次

  • 抑圧された暴力のゆくえ
  • 『ピクウィック・クラブ』—ピクウィック氏のげんこつ
  • 『オリヴァー・トゥイスト』—逃走と追跡‐法と正義という名の暴力
  • 『ニコラス・ニクルビー』—喜劇としての暴力‐舞台と社会の間
  • 『骨董屋』—音の海を逃れて
  • 『バーナビー・ラッジ』—眠りを殺す
  • 『マーティン・チャズルウィット』—声なきものたちの逆襲
  • 『ドンビー父子』—疾走する汽車と暴力
  • 『デイヴィッド・コパフィールド』—海の抑圧‐ロビンソン・クルーソー挽歌
  • 『荒涼館』—国家・警察・刑事・暴力装置
  • 『ハード・タイムズ』(玉井史絵)—教育の(暴)力
  • 『リトル・ドリット』(竹井暁子)—内向する暴力‐病的自傷者はなぜ生まれるのか
  • 『二都物語』(矢吹綾)—孤独な群集の暴力性
  • 『大いなる遺産』(鵜飼信光)—種子=ピップは牢を破って外で花を咲かせるか
  • 『互いの友』(宮丸裕二)—腕力と知力‐欲望と階級
  • 『エドウィン・ドルードの謎』(加藤匠)—クロイスタラムに潜む闇の暴力

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB10483105
  • ISBN
    • 9784271210160
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    大阪
  • ページ数/冊数
    xii, 288p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ