リアリズムの法解釈理論 : ミシェル・トロペール論文撰

書誌事項

リアリズムの法解釈理論 : ミシェル・トロペール論文撰

ミシェル・トロペール著 ; 南野森編訳

勁草書房, 2013.6

タイトル別名

Une théorie réaliste de l'interprétation du droit : recueil d'articles de Michel Troper

リアリズムの法解釈理論 : ミシェルトロペール論文撰

タイトル読み

リアリズム ノ ホウカイシャク リロン : ミシェル・トロペール ロンブンセン

大学図書館所蔵 件 / 107

内容説明・目次

内容説明

フランス憲法学・法哲学の巨匠トロペール、初の邦訳論集。さまざまな論争を誘発する著者の独創性が、新たな視点で既存の理論を撃つ!

目次

  • 1 法解釈の理論(リアリズムの解釈理論;憲法裁判官の解釈の自由)
  • 2 法の一般理論(慣習の根拠から根拠としての慣習へ;実証主義と人権)
  • 3 国家の理論(法治国の概念;主権の名義人;ナチス国家は存在したか?)
  • 4 憲法理論史(フランス革命初期における司法権の概念;立憲主義の概念と現代法理論;憲法史と憲法理論)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB12790455
  • ISBN
    • 9784326402816
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    x, 236p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ