書誌事項

フランス憲政学の動向 : 法と政治の間

山元一, 只野雅人編訳

慶應義塾大学出版会, 2013.8

タイトル別名

Jus politicum : une nouvelle tendance de la science constitutionnelle française

タイトル読み

フランス ケンセイガク ノ ドウコウ : ホウ ト セイジ ノ アイダ

大学図書館所蔵 件 / 106

内容説明・目次

内容説明

フランス憲法学界の新潮流から生み出された論文選。憲法学の「法律学化」に警鐘を鳴らし、“政治的なるもの”と向き合うその理論的核心に迫る!

目次

  • 第1部 「政治法」とは何か(『政治法』創刊のことば;法学と政治学;立憲主義の現況—法による民主主義という観念に関する若干の考察 ほか)
  • 第2部 フランス憲政学の基礎理論(「憲法の罠」—憲法史と憲法学;主権の後、主観的権利はどうなるか?;フランスにおける憲法概念の歴史—政治的憲法から国家の法的地位としての憲法ヘ ほか)
  • 第3部 統治と人権(混乱した憲法秩序—名状しがたい、不安定なフランス憲法;フランスにおける憲法裁判のモデルと捉え方—批判的総括;「公的自由」から「基本権」へ—名称の変化の効果と争点 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB13243582
  • ISBN
    • 9784766420630
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 313p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ