無明からの礫 : 2006-2015

書誌事項

無明からの礫 : 2006-2015

今井正和著

北冬舎, 2016.6

タイトル読み

ムミョウ カラ ノ ツブテ : 2006-2015

大学図書館所蔵 件 / 2

内容説明・目次

内容説明

時代の表層と戯れる言葉ではなく、本質を見極める“短歌の思想史”へ!短歌は、この“危機的な十年”という時の流れの中で、何を、どのように表現してきたか?現実の“実相”に、真摯に立ち向かう歌人の初の批評文集。

目次

  • 1 時評集2006‐2015(2006‐2011;2011‐2015)
  • 2 批評と書評(思想詠の地平—後期近藤芳美論序説;光と影とのウロボロス—沙羅みなみ歌集『日時計』;クオ・ヴァディス・ドミネ—桜木由香歌集『連祷』;悲しみを量るシェーマ—佐伯裕子歌集『流れ』;歩み出るビュリダンの驢馬—沖縄と本土の狭間で 玉城寛子歌集『きりぎしの白百合』;憂愁あるいはアキレスの腱—浅野美紀歌集『ムスカリの咲く』;修辞とシュール—大木孝子句集『あやめ占』;デリダへの反逆—荒牧三恵文集『八月の光』)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21515291
  • ISBN
    • 9784903792590
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    270p
  • 大きさ
    20cm
ページトップへ