これからの本屋

著者

    • 北田, 博充 キタダ, ヒロミツ

書誌事項

これからの本屋

北田博充著

書肆汽水域, 2016.5

タイトル別名

これからの本屋 : between reader and bookseller

タイトル読み

コレカラ ノ ホンヤ

大学図書館所蔵 件 / 11

注記

第2版(2016.5.22)のページ数: 205p

内容説明・目次

内容説明

これまでの本屋を更新し、これからの本屋をつくるために“私たち”ができることは何か。

目次

  • 第1章 ていぎする(粕川ゆき—普段はSHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(SPBS)の書店員として働きながら、「いか文庫」というエア本屋の店主として活動。;福岡宏泰—二〇一三年、創業九十九年目にして惜しまれつつ閉店した海文堂書店、最後の店長。退職後は本を売る側から本を読む側に。 ほか)
  • 第2章 くうそうする(HON×MONO BOOKS—小説に登場する「モノ」をオークション販売する本屋。;書肆・汽水域—子どもしか入ることができない秘密の小部屋がある町の本屋。 ほか)
  • 第3章 きかくする(BIRTHDAY BUNKO;飾り窓から ほか)
  • 第4章 どくりつする(辻山良雄(Title)—リブロ池袋本店でマネージャーを務め、退職後の二〇一六年、荻窪に新刊書店Titleを独立開業する。;高橋和也(SUNNY BOY BOOKS)—二〇一三年、東急東横線・学芸大学駅に古本屋SUNNY BOY BOOKSをオープンする。 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21531800
  • ISBN
    • 9784990889944
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    206p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ