書誌事項

明仁天皇と戦後日本

河西秀哉著

(歴史新書y, 059)

洋泉社, 2016.6

タイトル読み

アキヒト テンノウ ト センゴ ニホン

大学図書館所蔵 件 / 36

注記

主要参考文献: p183-186

関連年表: p187-191

内容説明・目次

内容説明

「国民と苦楽をともにする」姿勢の原点を探る!政府・マスコミ・国民からの期待を通して見えてくる、戦後社会における天皇・皇室観の変遷を追う。

目次

  • 第1章 新しい皇太子像の創出(誕生から敗戦まで;GHQによる天皇制民主化策 ほか)
  • 第2章 ミッチー・ブームとその後(「ご成婚」への評価;先例としての孝宮の結婚 ほか)
  • 第3章 次期天皇への芽生え(積極的な外交のスタート;アメリカ訪問の再浮上と日米のかけひき ほか)
  • 第4章 新天皇の意志(天皇に即位;「国民と苦楽をともにする」 ほか)
  • 終章 慰霊への思いと戦後日本(相次ぐ災害と被災地への思い;戦争の記憶への取り組み ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21562495
  • ISBN
    • 9784800309686
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    191p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ