泣き童子(わらし) : 三島屋変調百物語参之続

書誌事項

泣き童子(わらし) : 三島屋変調百物語参之続

宮部みゆき [著]

(角川文庫, 19796)

KADOKAWA, 2016.6

タイトル別名

泣き童子

タイトル読み

ナキワラシ : ミシマヤ ヘンチョウ ヒャクモノガタリ サン ノ ツズキ

大学図書館所蔵 件 / 21

注記

文藝春秋 2013年刊の再刊

収録内容

  • 魂取の池
  • くりから御殿
  • 泣き童子
  • 小雪舞う日の怪談語り
  • まぐる笛
  • 節気顔

内容説明・目次

内容説明

三島屋伊兵衛の姪・おちか一人が聞いては聞き捨てる変わり百物語が始まって一年。幼なじみとの祝言をひかえた娘や田舎から江戸へ来た武士など様々な客から不思議な話を聞く中で、おちかの心の傷も癒えつつあった。ある日、三島屋を骸骨のように痩せた男が訪れ「話が終わったら人を呼んでほしい」と願う。男が語り始めたのは、ある人物の前でだけ泣きやまぬ童子の話。童子に隠された恐ろしき秘密とは—三島屋シリーズ第三弾!

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21593433
  • ISBN
    • 9784041039915
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    475p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ