日本酒学

著者

書誌事項

日本酒学

日本醸造協会, 日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会監修

(新書y, 298)

洋泉社, 2016.6

タイトル読み

ニホンシュガク

大学図書館所蔵 件 / 16

注記

参考文献: p207

内容説明・目次

内容説明

知るほど旨くなる!新しい日本酒の世界。かつての「おじさんの酒」というイメージは一新され、若手蔵、若手杜氏たちの挑戦により、再び脚光を浴びている日本酒。「おいしくなった!」と言われる日本酒だが、今までと何が違うのか。銘柄を選ぶ際の手助けとなる、名称やラベルの読み解き方、流行の味わい、これまでの歴史まで、よりおいしく飲むための知識を凝縮!

目次

  • 第1章 飲み手のための日本酒の新常識(日本酒の定義;日本酒が悪酔いするは迷信! ほか)
  • 第2章 造りで味わう(日本酒造りの流れ;日本酒の味はどこで決まるか ほか)
  • 第3章 歴史と味わう(日本酒のもとになった酒は僧侶が造っていた;江戸の酒は今の日本酒と変わらない ほか)
  • 第4章 地元の酒を知る(全国日本酒巡り;日本酒ラベル図鑑 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21644261
  • ISBN
    • 9784800309273
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    207p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ