その手抜きが荒れをまねく : 落ち着いているときにしておく生徒指導

書誌事項

その手抜きが荒れをまねく : 落ち着いているときにしておく生徒指導

吉田順著

学事出版, 2016.7

タイトル読み

ソノ テヌキ ガ アレ オ マネク : オチツイテ イル トキ ニ シテ オク セイト シドウ

大学図書館所蔵 件 / 21

内容説明・目次

目次

  • 第1章 その初歩的な“手抜き”が荒れをまねく(落ち着いていると手抜きをしてしまう;1年生のときが一番重要 ほか)
  • 第2章 学校が落ち着いていると担任は無意識に“手抜き”をしてしまう(不公平感を生んではいけない;欲求を満たし、絆のある学級をつくる ほか)
  • 第3章 生徒指導の順序を“手抜き”すると指導はうまくいかない(生徒指導は3階建ての家のようなもの;「棚上げ」式の生徒指導がいい ほか)
  • 第4章 指導部は「考え方」を“手抜き”してはいけない(教師集団の「壁」をつくる;指導方法の違いには「考え方」の違いがある ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21653841
  • ISBN
    • 9784761922566
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    218p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ