教養としての体育原理 : 現代の体育・スポーツを考えるために

書誌事項

教養としての体育原理 : 現代の体育・スポーツを考えるために

友添秀則, 岡出美則編著

大修館書店, 2016.7

新版

タイトル別名

教養としての体育原理 : 現代の体育スポーツを考えるために

体育原理 : 教養としての : 現代の体育・スポーツを考えるために

タイトル読み

キョウヨウ トシテノ タイイク ゲンリ : ゲンダイ ノ タイイク・スポーツ オ カンガエル タメ ニ

大学図書館所蔵 件 / 157

注記

体育原理を学ぶ人のための基本文献案内: p157-166

さらに読んでみようおすすめ文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

本書は、第1部〜第4部、全36章で構成されています。第1部と第2部では学校体育の問題について、第3部ではスポーツに生起する問題について述べています。そして、本書を読み、さらに進んで学びたい方には、どのようなものを読めばよいのかを「基本文献案内」として第4部で紹介しています。

目次

  • 第1部 体育原理への誘い—体育原理の基礎理論(なぜ、体育原理を学ぶのか;体育原理はどのような学問か ほか)
  • 第2部 体育原理の深層へ—体育原理の発展理論(運動のもつ可能性;体育における人間形成 ほか)
  • 第3部 体育原理を考えるために—現代スポーツの周辺(スポーツと宗教;スポーツと政治 ほか)
  • 第4部 体育原理を学ぶ人のための基本文献案内(体育科教育原論に関する文献;スポーツ原論に関する文献)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21658288
  • ISBN
    • 9784469267976
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 168p
  • 大きさ
    26cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ