安倍"壊憲"政権と昭和史の教訓

書誌事項

安倍"壊憲"政権と昭和史の教訓

保阪正康著

(朝日文庫)

朝日新聞出版, 2016.7

タイトル別名

昭和史の教訓

安倍壊憲政権と昭和史の教訓

タイトル読み

アベ"カイケン"セイケン ト ショウワシ ノ キョウクン

大学図書館所蔵 件 / 9

注記

「昭和史の教訓」(朝日新聞社 2007年刊)の改題,大幅加筆修正

内容説明・目次

内容説明

歴史に学ばない者は、歴史から報復を受ける—。昭和史の第一人者が、敗戦につながる「昭和10年代」に着目。桐生悠々、斎藤隆夫、二・二六事件、皇紀二六〇〇年、太平洋戦争など多彩な素材を基に、“壊憲”に向けて暴走する安倍政権下の日本人が学ぶべき教訓を引き出す。

目次

  • 序章 昭和史を見つめる目
  • 第1章 昭和十年代を象徴する二・二六事件
  • 第2章 混迷する農本主義者たちの像
  • 第3章 主観主義への埋没という時代
  • 第4章 教訓とすべきことは何か
  • 第5章 問われている語り継ぐべき姿勢
  • 第6章 歴史への謙虚さとは何か
  • 終章 戦後七十年と安倍“壊憲”政権

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ