禅からみた日本中世の文化と社会

書誌事項

禅からみた日本中世の文化と社会

天野文雄監修

ぺりかん社, 2016.7

タイトル別名

日本中世の文化と社会 : 禅からみた

タイトル読み

ゼン カラ ミタ ニホン チュウセイ ノ ブンカ ト シャカイ

大学図書館所蔵 件 / 81

注記

文献あり

内容説明・目次

内容説明

新たに渡来した禅という仏教思想が、日本中世の文化と社会を触発し、いかに働きかけたか。文学、美術、演劇、建築、茶、社会、思想、それぞれの分野の研究者が、最新の研究状況をふまえて、その新展開を検証する。

目次

  • 座談会 禅とは何か—末木文美士氏に聞く
  • 第1部 禅と文芸・書画・芸能の展開(中世和歌史における「禅」の問題;室町時代五山禅林は歌壇・連歌壇に何をもたらしたか—漢語「濫觴」の需要における五山禅林文壇の影響;日本中世禅林における杜詩受容—禅の宗旨と文学観の関連をめぐって ほか)
  • 第2部 禅と思想・文化・空間の拡張(舎利信仰と禅—王権とのかかわりから;禅の本としての『方丈記』—「流水抄」と漱石・子規往復書簡から見えること;道元「水、水を見る」—井筒俊彦の『正法眼蔵』理解の一断面 ほか)
  • 第3部 禅と権力・社会・宗派の変容(宗論の史的考察;月舟寿桂と東国の麦搗歌;足利将軍の受衣・出家と室町文化 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ