数学コミュニケーション : 数学言語とのHEIBONな対話のために

書誌事項

数学コミュニケーション : 数学言語とのHEIBONな対話のために

河田直樹著

聖文新社, 2016.8

タイトル別名

数学コミュニケーション : 数学言語とのHEIBONな対話のために

タイトル読み

スウガク コミュニケーション : スウガク ゲンゴ トノ HEIBON ナ タイワ ノ タメ ニ

大学図書館所蔵 件 / 17

内容説明・目次

目次

  • 第1章 数学の言葉をふりかえる(数学に蹟いている理由;数学記号をふりかえる)
  • 第2章 算数における関係概念(小学における算数遊び;数量関係‐分数計算;算数における文章問題)
  • 第3章 中学数学の代数学(代数との出会い;2次方程式と高次方程式;方程式を解く意味を考える)
  • 第4章 高校数学における代数計算(文字式の導入;指数計算について;連続量と離散量の計算)
  • 第5章 数学を学ぶ意義を考える(数学を学ぶ意義とは;『ピタゴラスから電子計算機まで』の思い出;なぜ数学を学ぶか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21838064
  • ISBN
    • 9784792201098
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    v, 247p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ