長宗我部元親・盛親 : 四国一篇に切随へ、恣に威勢を振ふ

書誌事項

長宗我部元親・盛親 : 四国一篇に切随へ、恣に威勢を振ふ

平井上総著

(ミネルヴァ日本評伝選)

ミネルヴァ書房, 2016.8

タイトル別名

長宗我部元親盛親 : 四国一篇に切随へ恣に威勢を振ふ

タイトル読み

チョウソカベ モトチカ・モリチカ : シコク イッペン ニ キリシタガエ、ホシイママ ニ イセイ オ フルウ

大学図書館所蔵 件 / 170

注記

参考文献: p265-278

長宗我部元親・盛親年譜: p283-288

内容説明・目次

内容説明

長宗我部元親(一五三九〜九九)・盛親(一五七五〜一六一五)土佐の戦国大名。四国全土をほぼ支配するも、豊臣秀吉に屈した元親。関ヶ原の戦いに西軍として敗れて浪人となるも、大坂の陣で激戦奮闘を繰り広げた盛親。土佐から戦国の世を動かした父子と、長宗我部家の領国経営の実像を描く。

目次

  • 第1章 長宗我部家の黎明
  • 第2章 長宗我部元親の登場と土佐国統一
  • 第3章 土佐から四国へ
  • 第4章 豊臣政権下の元親と盛親
  • 第5章 豊臣期の領国支配
  • 第6章 長宗我部家の落日

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ