「満洲移民」の歴史と記憶 : 一開拓団内のライフヒストリーからみるその多声性

書誌事項

「満洲移民」の歴史と記憶 : 一開拓団内のライフヒストリーからみるその多声性

趙彦民著

明石書店, 2016.7

タイトル別名

満洲移民の歴史と記憶 : 一開拓団内のライフヒストリーからみるその多声性

タイトル読み

「マンシュウ イミン」ノ レキシ ト キオク : イチ カイタクダンナイ ノ ライフ ヒストリー カラ ミル ソノ タセイセイ

大学図書館所蔵 件 / 111

注記

参考文献: p540-551

内容説明・目次

目次

  • 第1部 歴史社会のなかの満洲(満洲移民事業の歴史—展開・送出・崩壊・戦後;長野県における満洲移民送出のプロセスと地域的基盤—大正期から一九四五年までを中心に;満州開拓をめぐる集団的記憶—長野県第七次中和鎮信濃村開拓団を事例として)
  • 第2部 個人経験のなかの満洲(フィールドワークの記録;満洲開拓をめぐる個々人の記憶と語り—第七次中和鎮信濃村開拓団を中心に;満洲開拓をめぐる現地社会の人々の記憶と語り)
  • 第3部 戦後のなかの満洲(戦後中国の残留日本人政策;中国残留日本人の戦後体験—第七次中和鎮信濃村開拓団を事例として;満洲開拓をめぐる「記憶の場」の形成と継承—戦後の日本社会における集団引揚者の事例を中心に)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ