書誌事項

運命の序曲

(真珠湾は眠っていたか / ゴードン・W.プランゲ著 ; 土門周平, 高橋久志訳, 1)

講談社, 1986.12

タイトル別名

At dawn we slept : the untold story of Pearl Harbor

タイトル読み

ウンメイ ノ ジョキョク

大学図書館所蔵 件 / 23

注記

原書 At dawn we slept : the untold story of Pearl Harbor.の翻訳

内容説明・目次

内容説明

1941年、日米間にたれこめた暗雲はますます大きく拡がりつつあった。もし、戦端が開かれたならば、日本の勝利する唯一の道は緒戦の奇襲攻撃によって米軍に壊滅的な打撃を与える以外にない、と連合鑑隊司令長官山本五十六は考えた。その秘策として登場したのが真珠湾奇襲攻撃である。大西滝治郎と源田実は、ひそかに真珠湾奇襲の研究と戦闘訓練を開始した。

目次

  • 真珠湾攻撃の発想
  • 大西滝治郎と源田実
  • 暗号戦の内幕
  • マーチン=ベリンガー報告の先見性
  • 南雲艦隊のさむらいたち
  • 世界最強の要塞
  • 日本人スパイ吉川対FBI
  • 行きづまる日米交渉
  • 海軍航空のリーダーたち
  • 戦力、目的、計画
  • 最後の切り札〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ