書誌事項

北里柴三郎

長木大三著

慶応通信, 1986.4

タイトル別名

北里柴三郎

タイトル読み

キタザト シバサブロウ

大学図書館所蔵 件 / 52

注記

北里柴三郎の肖像あり

北里柴三郎略伝: p155-156

内容説明・目次

内容説明

怒涛の如き80年を見事生き抜いた北里柴三郎の研究と社会活動の跡をたどる。福沢諭吉やローベルト・コッホとの厚誼。幻のノーベル賞。学問の神聖を貫き敢然と独立。北里研究所・慶大医学部・日本医師会を創立した我が国現代医学の父 北里博士の全貌を伝える書

目次

  • 若き日の北里
  • ドイツへの旅
  • 日本に帰る
  • 福沢翁との出合い
  • 伝染病予防対策の確立
  • コッホの訪日
  • 医療行政へのとりくみ
  • 婦人問題について
  • 北里研究所の創立
  • コッホとパストールの頌徳
  • 晩年の北里

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN01274743
  • ISBN
    • 4766403436
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 159p, 図版 [2] p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ