書誌事項

葉緑体の分子生物学

石田政弘著

(UP biology, 66)

東京大学出版会, 1987.9

タイトル読み

ヨウリョクタイ ノ ブンシ セイブツガク

大学図書館所蔵 件 / 179

内容説明・目次

内容説明

著者らによる葉緑体DNAの発見は、葉緑体研究に大きなインパクトを与え、分子生物学への道を開いた。以来25年間にわたる研究成果を概説した好著。葉緑体DNAの分子構成、複遺伝系の成立、自己増殖性の解明、非メンデル遺伝の分子機構、分子進化等、新しいオルガネラ学を展開。

目次

  • 1. 葉緑体研究の意義
  • 2. 葉緑体DNAの存在とその意義
  • 3. 葉緑体DNAの分子的性状
  • 4. 葉緑体DNAの物理的地図
  • 5. 葉緑体DNAの合成と複製
  • 6. 葉緑体におけるRNA合成
  • 7. 葉緑体におけるタンパク質合成
  • 8. 葉緑体形成と複遺伝情報系—総合的観点から
  • 9. 葉緑体形質に関する非メンデル遺伝
  • 10. 葉緑体に関する分子進化各論
  • 11. 葉緑体起源論

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • UP biology

    東京大学出版会 1975.3-1997.10

    所蔵館1館

詳細情報

ページトップへ