忘れられた植物学者 : 長松篤棐 (ながまつあつすけ) の華麗な転身

書誌事項

忘れられた植物学者 : 長松篤棐 (ながまつあつすけ) の華麗な転身

増田芳雄著

(中公新書, 851)

中央公論社, 1987.9

タイトル読み

ワスレラレタ ショクブツ ガクシャ : ナガマツ アツスケ ノ カレイナ テンシン

大学図書館所蔵 件 / 161

注記

長松篤棐年表:p206-212 文献:p213-216

内容説明・目次

内容説明

明治から昭和戦前にかけて、安田財閥の中枢にあって政財界に隠然たる力を振った男がいた。保険業界の重鎮、男爵長松篤〓である。長松はしかし、ドイツに留学し先駆的業績で学位を取得した日本人初の植物生理学者であった。帰国後学習院教授を務めながら、29歳の若さで突如実業界に転ずるのである。巌谷小波の幼馴染であり、森鴎外と終生親交を結んだ一知識人の生涯と転身の謎を、揺籃期の日本の植物学者群像と共に浮彫りにする。

目次

  • 第1章 長松篤〓誕生
  • 第2章 学校遍歴
  • 第3章 ドイツ留学
  • 第4章 篤〓を迎えた日本の植物学界
  • 第5章 保険業界に転身
  • 第6章 貴族院議員へ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN01445482
  • ISBN
    • 4121008510
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    6, 216p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ