書誌事項

一般ゲージ場論序説

内山龍雄著

岩波書店, 1987.11

タイトル読み

イッパン ゲージバロン ジョセツ

大学図書館所蔵 件 / 166

注記

参考文献:p203-204

内容説明・目次

内容説明

現代物理学の基礎理論となったゲージ理論の一般形式から応用までを、理論の開拓者が自らの着想を公開しつつ明快に解説する。一般相対論、GWS理論への応用はもちろん、超統一理論を射程に入れ、Weylのゲージ理論、Kaluza‐Klein理論についても詳述する。特殊相対論の基礎程度の予備知識で読めるように書かれており、連続群論についての解説を巻末に付した。標準モデルの理解、統一理論の研究のために見逃せぬ労作。

目次

  • 第1編 相対論および統一場理論(一般相対性理論;Weylの統一場理論;Kaluza‐Kleinの5次元統一場理論)
  • 第2編 不変変分論(問題の提起と信号の説明;パラメーターに依存する変換群の場合;任意関数に依存する変換性群の場合;Noetherの第2定理の応用;電磁場と重力場の類似点)
  • 第3編 ゲージ場の一般論(一般ゲージ場;一般ゲージ場の例)
  • 第4編 統一理論への応用(GWS理論;重力場とゲージ場の統一理論)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN0154354X
  • ISBN
    • 4000050400
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xi, 208p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ