書誌事項

ラマルク : 動物哲学

ラマルク[著] ; 木村陽二郎編集 ; 高橋達明翻訳

(科学の名著 / 伊東俊太郎 [ほか] 編, 第2期 5(15))

朝日出版社, 1988.6

タイトル別名

Philosophie zoologique

タイトル読み

ラマルク : ドウブツ テツガク

大学図書館所蔵 件 / 230

注記

訳語対照表: p487-489

収録内容

  • ラマルク, 人と業績 / 木村陽二郎著
  • 『動物哲学』の成立 / 高橋達明著
  • 動物哲学 / ラマルク著 ; 高橋達明訳
  • 共和暦八年花月二一日に述べられた開講講義 / ラマルク著 ; 高橋達明訳

内容説明・目次

内容説明

LAMARCK(1744‐1829年)フランスの植物・動物学者ラマルクの代表作。全3部初の完訳。第1部では動物分類の根本的問題と進化現象について、第2部では生命論と生理学について、第3部では心理現象の生物学的研究についてそれぞれ論じられる。刊行は1809年。ダーウィンの“種の起源”に先立つこと50年、文字通り進化論学説の創始をなす著作である。

目次

  • ラマルク、人と業績(木村陽二郎)
  • 『動物哲学』の成立(高橋達明)
  • 動物哲学
  • 共和暦8年花月21日に述べられた開講講義

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • 科学の名著

    伊東俊太郎 [ほか] 編

    朝日出版社 1980-

    所蔵館3館

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN02396327
  • ISBN
    • 425588028X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    59, 489p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ