書誌事項

情報の文化史

樺山紘一著

(朝日選書, 365)

朝日新聞社, 1988.11

タイトル読み

ジョウホウ ノ ブンカシ

大学図書館所蔵 件 / 183

内容説明・目次

内容説明

洞窟画からビデオまで、人は、情報を手にして歴史に参加してきた。私たちは、情報をいかにつくり、かかわってきたか。

目次

  • 序章 情報の文化史への道
  • 1 通信と交通の社会文化史(太古—技術の出発点;文書コミュニケーションの誕生;道は統治なり;聴覚と視覚の通信;南船北馬;情報高密度社会のなりたち;輸送革命のあとさき;有線・無線のネットワーク)
  • 2 コミュニケーションと科学技術(自動翻訳と言語;ビデオディスクと読書;抵抗と摩擦の技術文明学;日本の科学と技術;現代技術の課題)
  • 3 トポロジカルな世界(虚と空隙と存在の充満;象徴的思考の文脈;トポロジーから、非在のトポスへ)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ