書誌事項

江戸期のナチュラリスト

木村陽二郎著

(朝日選書, 363)

朝日新聞社, 1988.10

タイトル読み

エドキ ノ ナチュラリスト

大学図書館所蔵 件 / 120

注記

年表による日本自然誌の歩み: p237-243

文献: p245-248

内容説明・目次

内容説明

珍しいものをみつけたい。大名、侍、愛好家たちが、こぞって“動植物”に注目した。江戸期・吉宗時代からナチュラリストが輩出、日本の動・植物学の基礎を確立、その学問が展開されていった。

目次

  • ナチュラリスト・貝原益軒
  • 将軍綱吉・吉宗と御薬園
  • 青木昆陽と小石川御薬園
  • 薩摩芋と青木昆陽
  • オランダ本草ことはじめ
  • 蘭学ことはじめ
  • 蘭学とオランダ本草の後継者
  • 若水・正伯の『庶物類纂』
  • 丹羽正伯と『諸国産物帖』
  • 植村政勝の採薬行
  • 駒場御薬園と森野旧薬園
  • 朝鮮人参の栽培
  • 阿部将翁の清国滞在
  • 採薬使・阿部将翁
  • 松岡恕庵の教養
  • 伊藤伊兵衛と松尾芭蕉
  • きりしま屋伊兵衛
  • 五代伊藤伊兵衛政武
  • 『草花絵前集』と『本草花蒔絵』
  • 時計草と象
  • 異色の本草家・後藤梨春
  • 最初の博覧会、薬品会
  • 朝鮮人参と甘蔗
  • ホルトノキとオリーブノキ
  • 紅毛本草と秋田蘭画
  • ツュンベリーと中川淳庵
  • 『救荒本草』と『民間備荒録』
  • 蘭学の中心人物・大槻玄沢
  • 大槻玄沢とタバコ
  • 職業としての本草学—小野蘭山の名声
  • 名古屋本草学の流行—水谷豊文
  • 大名ナチュラリストの集会
  • 植物学の先駆者、榕菴と圭介
  • 高野長英と渡辺崋山
  • 岩崎潅園と飯沼慾斎
  • 植物学者・田中芳男
  • 年表による日本自然誌の歩み

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN02901725
  • ISBN
    • 4022594632
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    249, iiip
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ