ドイツ文学論集 : 田中健二教授還暦記念

著者

書誌事項

ドイツ文学論集 : 田中健二教授還暦記念

田中健二教授還暦記念論集刊行会, 1971.11

タイトル別名

Beiträge zur Germanistik

田中健二教授還暦記念ドイツ文学論集

タイトル読み

ドイツ ブンガク ロンシュウ : タナカ ケンジ キョウジュ カンレキ キネン

大学図書館所蔵 件 / 19

この図書・雑誌をさがす

注記

編集: 田中健二教授還暦記念論集刊行会

その他のタイトルは巻末による

田中健二教授の肖像あり

田中健二教授略歴・著作目録: p347-350

収録内容

  • ワイマル宮廷劇場と監督ゲーテ / 田中健二 [著]
  • 激動の時代とゲーテ / 小谷裕幸 [著]
  • 『イフィゲーニエ』と『ヘルマンとドロテーア』 : 表現様式からの比較 / 斎藤芙美子 [著]
  • ゲーテ『親和力』における「諦念」についての考察 / 大槻裕子 [著]
  • 『西東詩集』と遊び / 桜沢正勝 [著]
  • ゲーテの『ノヴェレ』 : 解釈の試み / 林正則 [著]
  • シラーの『フィエスコ』における三つの結末について / 中村元保 [著]
  • ノヴァーリスのMärchen : 『オフターディンゲン』を中心に / 渡辺洋子 [著]
  • クライストの『辯論を通じ漸次思考を形成すること』について : 雄弁論としての視点 (特にアーダム・ミュラーとの関連において) / 深見茂 [著]
  • E.T.A.ホフマンの『砂男』について / 山崎隆司 [著]
  • マドンナの形姿 : 『ケエヴラールへの巡礼』を中心に / 大沢慶子 [著]
  • ハイネ研究の足場 : 中野重治『ハイネ人生読本』について / 森良文 [著]
  • フォンターネの『シャッハ・フォン・ヴーテノー』における会話体 / 田中美英子 [著]
  • ラーベの『天狗堂』について : 社会批判の短篇として / 平田達治 [著]
  • 呪縛された世界 : トーマス・マンの最初の短篇集『小さなフリーデマン氏』をめぐって / 鎌田道生 [著]
  • 功績と幸運 : 初期トーマス・マンとゲーテ / 片山良展 [著]
  • リルケとヨーロッパ : ある手紙 / 小松原千里 [著]
  • 『ノアの洪水』における「欠如」の意義 : バルラハ試論 / 中田作成 [著]
  • リューベックカタリーナ教会のバルラッハの彫像の成立について / 藤平浩之 [著]
  • 瓦礫のなかでの表現 : H.E.ノサック『没落』 / 須賀洋一 [著]
  • 小説と小説理論 / 山戸照靖 [著]
  • 『ファウスト・断片』と『タッソー』 / 三木正之 [著]
  • 墺太利人の精神機構 : フランツ・グリルパルツァーの性格と作品を理解するために / 内山貞三郎 [著]
  • 中高ドイツ語の文構造について / 赤井慧爾 [著]

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN04002499
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    豊中
  • ページ数/冊数
    351, 13p, 図版 [1] 枚
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ