バロックの精神 : 1960-1962

書誌事項

バロックの精神 : 1960-1962

寺田透著

(寺田透・評論, 6)

思潮社, 1974.11

タイトル読み

バロック ノ セイシン : 1960-1962

大学図書館所蔵 件 / 67

この図書・雑誌をさがす

注記

内容:1960 「ことしの文学」,ブッキッシュといふことなど,唐木順三『無用者の系譜』について,チェーホフについて,芸術家の思想,『をりふしの批評』まへがき,詩壇時評ー前言・詩壇末評・詩壇詩評・詩壇非評付言,絵の見方といふこと,進歩主義と反進歩主義,山田さんのしごとー素人の感想,久保栄の文体,ふたたび大岡昇平氏のこと,原爆と崩れ,バロー一座,室生犀星『告ぐるうた』,井上長三郎『モニュマン(牛)』,『伊沢蘭軒』のこと,中野重治の詩と詩思想,『和泉式部日記』序,志賀直哉『創作余談』のことなど,加藤周一『二つの極の間で』『東京日記』,俳優座日曜劇場『セチュアンの善人』,現代詩に関する“なからうか",大岡信につき.1961 ことしの文学予断,本多秋五『トルストイ論』,うぶすなと呪詞神,エホバ不在ー丸谷才一『エホバの顔を避けて』,師資相承,『理智と情念』前書き,武田泰淳,現代日本語の混乱について,バロックの思想家,正法眼蔵透脱以後,原田義人の遺著,本の案内十二カ月,『理智と情念』後書き,酒の効用

針生一郎『芸術の前衛』バロックの精神,文芸時評,『火山灰地』所感,一九四六年十月,大岡さんと三島さん,クレー展から,フランス美術展をみて,井上長三郎近作展に寄せて,曰く言ひがたき存在ー武田泰淳.1962 ドラクロワ以後に失はれたもの. 寺田透論序章(菅野昭正)

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN04349929
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    571p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ