書誌事項

シュレーディンガーの生涯

D. ホフマン著 ; 櫻山義夫訳

地人書館, 1990.3

タイトル別名

Erwin Schrödinger

タイトル読み

シュレーディンガー ノ ショウガイ

大学図書館所蔵 件 / 117

注記

年譜: p131-132

参考文献: p133-140

内容説明・目次

内容説明

エルヴィン・シュレーディンガーは、量子力学の発展に決定的な役割を果たした。彼によってうちたてられた量子力学的波動方程式は、この分野の重要な基礎方程式となり、彼は大物理学者の1人に数えられるようになった。本書では、彼の多種多様な研究における重要な瞬間瞬間を客観的に分析し、批判的に評価するよう努めた。また、彼の人格を直接印象づけるために、できるかぎり彼自身の著作を引用した。

目次

  • 青少年期と学生時代
  • 学者としての成功への第1歩—助手、講師、教授
  • チューリッヒ時代
  • 波動力学
  • ベルリンで「教え学んだ素晴らしい日々」
  • 亡命
  • ダブリンの「プロの天才」
  • 帰郷

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN0448277X
  • ISBN
    • 4805203447
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    144p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ