書誌事項

非行の原因

麦島文夫著

(シリーズ人間の発達, 2)

東京大学出版会, 1990.6

タイトル読み

ヒコウ ノ ゲンイン

大学図書館所蔵 件 / 404

注記

文献: p233-237

内容説明・目次

内容説明

子どもの非行は常に、旧くて新しい問題である。その非行の原因は、時代により、社会により異なる様相を示すが、その本質は異なるはずがない。その基本は、子どもと大人相互の間に生じるとまどい、つまずきにこそあるというのが著者の立場である。本書は、この立場にたってわが国の子どもたちを実賞的にとらえて、彼らが何につまずき、とまどうとき、それが非行につながるかを、また非行からの回復の過程はどのようなものかを、非行を身近に感じている人に、話してみようというものである。

目次

  • 第1章 非行とは何か
  • 第2章 非行量の構造—コーホート調査から
  • 第3章 非行現象と原因の所在—対策と責任の述め方
  • 第4章 非行の背景状況—一調査例
  • 第5章 なぜ非行をするのか—原因論への見透し
  • 第6章 非行への分化過程—出身階層と教育上の進路
  • 第7章 反非行化要因としての「挑戦的態度の理論」
  • 第8章 教育からの疎外と非行
  • 第9章 非行からの回復段階の判定

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN04890368
  • ISBN
    • 4130131028
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    x, 237, 5p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ