書誌事項

キャメラを持った男

ネストール・アルメンドロス著 ; 武田潔訳

(リュミエール叢書, 6)

筑摩書房, 1990.6

タイトル別名

Días de una cámera

Un homme à la caméra

タイトル読み

キャメラ オ モッタ オトコ

大学図書館所蔵 件 / 53

注記

フィルモグラフィー:巻末p12〜35

内容説明・目次

内容説明

ヌーヴェル・ヴァーグの映画に目がくらんでパリに渡り、ロメールとの劇的な出会いからプロの道に入って、トリュフォーやテレンス・マリック、ロバート・ベントンらの秀作の撮影監督をつとめた〈キャメラの魔術師〉が、作品に沿って語る感動的な体験の数々。最新作までを収めた決定版。

目次

  • ネストール・アルメンドロスの光
  • 撮影監督の仕事について
  • 私の前史
  • プロとしての仕事
  • コマーシャル・フィルムの体験
  • 新しいドキュメンタリーの体験
  • フォトジェニーについての考察

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ