書誌事項

歴史について

木下順二[著]

(講談社文芸文庫, . 現代日本のエッセイ||ゲンダイ ニホン ノ エッセイ)

講談社, 1990.3

タイトル読み

レキシ ニ ツイテ

大学図書館所蔵 件 / 40

注記

著者の肖像あり

年譜・著書目録: p366-377

内容説明・目次

内容説明

運命に対峙して歴史の狭間を主体的に生きる実存は、いかに可能か。ドラマの構造と、それはどう絡むか。10代に1度は受洗したキリスト教を棄て、しかもなお“精神の極北としての神”を求める求道者・木下順二。民話劇『夕鶴』、『子午線の祀り』の作者が明かす、濃密な創作世界の“原風景”—故郷での幼・少年期、漱石『三四郎』にも似た上京以後の「本郷」での生活、趣味の乗馬、歌舞伎・能への深い考察。エッセイの精粋。

目次

  • “断ちもの”の思想(写楽の世界;デコボコ先生;舞台人 ほか)
  • 歴史について(戦争責任の問題はもう終ったか;沖縄からの照射;芸術家の運命について ほか)
  • 雑談の時間(ことばづかれ;ある農村演劇;蜘蛛についての興味について;祇園 ほか)
  • あの頃のこと(読書遍歴前史;中野好夫氏について;梅崎のこと;阿部知二さんのこと ほか)
  • 日本のドラマ(能楽への関心;歌舞伎への関心 ほか)
  • 日本の外から(インド農村の軒下から;中国とは何か ほか)
  • 人と作品
  • 年譜
  • 著書目録

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN05173125
  • ISBN
    • 4061960725
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    377p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ