日本の政治指導と課題

書誌事項

日本の政治指導と課題

福島新吾著

未來社, 1992.5

タイトル読み

ニホン ノ セイジ シドウ ト カダイ

大学図書館所蔵 件 / 90

内容説明・目次

目次

  • 第1部 日本の政治指導(東条内閣—陸軍の横車を貫いて国を滅ぼす;小磯内閣—決戦講和を空した待機する;鈴木〈貫〉内閣—ポーカー・フェイスの終戦工作;吉田内閣—外圧と内紛の接点に立ったワンマン;田中内閣—理念なき開発に暴走した金権政治家;三木内閣—各論を持たない民主主義・バルカン政治家;中曽根内閣—戦後総決算の下で保守独裁の腐敗を完熟)
  • 第2部 課題(国家の存在理由と政治指導;国家の強権と自治;安全保障の展望と韓日・朝日関係;福祉と財政;「天皇の死」によって見えた問題;これからの政治指導)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ