フランス中世断章 : 愛の誕生

書誌事項

フランス中世断章 : 愛の誕生

新倉俊一著

岩波書店, 1993.2

タイトル読み

フランス チュウセイ ダンショウ : アイ ノ タンジョウ

大学図書館所蔵 件 / 125

内容説明・目次

内容説明

中世南フランスに生まれた熱烈で忠実な献身の新しいアムール(愛)。この愛に関わる物語のさまざまな形象。これと対称的な粗野で生々しく甘美でもあるトリスタンとイズーの性愛の物語の元型をめぐる論考。文学と歴史とが溶け合い、ここに中世的世界が息づく。西欧の近代文学の原点をなす愛の世界を、著者ならではの流麗な筆で描く。

目次

  • 「沈める都」伝説考
  • 狼の話
  • 樽の話
  • 「青ひげ」の素顔
  • 剣—伴侶そして分かつもの
  • ベディエ『トリスタン・イズー物語』をめぐって
  • トリスタン幻想
  • 王様の耳は馬の耳
  • 中世「町人文学」の成立—フランスの場合

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ