特別学級史研究 : 第二次大戦前の特別学級の実態

書誌事項

特別学級史研究 : 第二次大戦前の特別学級の実態

戸崎敬子著

多賀出版, 1993.2

タイトル読み

トクベツ ガッキュウシ ケンキュウ : ダイニジ タイセンマエ ノ トクベツ ガッキュウ ノ ジッタイ

大学図書館所蔵 件 / 93

注記

特別学級史年表:p262-281

参考にした先行研究文献:p283-296

内容説明・目次

目次

  • 序章 先行関連研究にみる第二次大戦前の特別学級の動向と特別学級史研究の課題
  • 第1章 義務教育の展開と「劣等児」「低能児」の特別学級の成立
  • 第2章 大正期における特別学級の実態—文部省調査『全国特殊教育状況』の再調査を中心に
  • 第3章 大正期における原級留置の実態と特別学級の成立—新潟県U小学校の事例を中心に
  • 第4章 大正・昭和初期における能力観の変化と特別学級の展開—和歌山県南部小学校の「能力別学級」劣組の事例から
  • 第5章 鈴木治太郎の知能測定法標準化の取組と大阪市の公立小学校特別学級
  • 第6章 第二次大戦前の地方小学校における特別学級の展開と教師の役割—愛媛県松前小学校の事例から
  • 終章 第二次大戦前の特別学級の性格

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ