書誌事項

山口組壊滅せず

鈴木達也著

(講談社文庫)

講談社, 1987.11

タイトル読み

ヤマグチグミ カイメツセズ

大学図書館所蔵 件 / 7

内容説明・目次

内容説明

山口組VS.一和会抗争、山口組VS.道仁会抗争は、相次いで終結宣言を出したが、暴力団ある限り暴力抗争は続く。だが、警察の基本方針であった山口組「壊滅」が「分断解体」となり、逮補一点張りが「対策」と変わった。張付け警戒や情報戦略が罷り通るのは、治安優先の警備警察が主導するからだ。—元警視監が指摘する刑事警察の危機への警鐘。

目次

  • 第1章 狙撃—田岡一雄山口組組長被弾
  • 第2章 追放—共政会集中検挙取締り
  • 第3章 惨殺—後藤巡査絞殺事件
  • 第4章 自決—警察大学校校長自殺
  • 第5章 腐販—京阪神土地事件
  • 第6章 誤算—グリコ・森永事件
  • 第7章 汚染—警察内部の不祥事
  • 第8章 不滅—病理集団を許容する社会

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN09321858
  • ISBN
    • 4061840460
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    241p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ