書誌事項

エイズ・ミステリー

アラン・キャントウェル・Jr.著 ; 結城山和夫訳

リブロポート, 1993.6

タイトル別名

AIDS and the doctors of death

タイトル読み

エイズ ミステリー

大学図書館所蔵 件 / 30

注記

解説:中川米造

参考文献:p258-266

内容説明・目次

内容説明

1978年からアメリカの六大都市で、B型肝炎ワクチンの実験が開始され、これに志願したマンハッタンの健康な白人ゲイたちは、10年を待たずしてエイズでこの世を去った。実験を指揮したコロンビア大学の疫学教授は、ポーランドから亡命してきた不思議な経歴をもつ人物だった。エイズウイルスはアフリカミドリザルが起源なのか、それとも人工物なのか。研究者たちの生臭い実態と、「定説」が作られていく過程をつぶさに検証した話題の書。

目次

  • 第1章 「ゲイ」の癌という神話
  • 第2章 ストレッカーとの出会い
  • 第3章 癌ウイルス学者とその使命
  • 第4章 動物実験者とエイズ
  • 第5章 B型肝炎ワクチン試験
  • 第6章 「ゲイの疫病」
  • 第7章 アフリカとハイチのつながり
  • 第8章 エイズの世界的蔓延
  • 第9章 エイズの政治学
  • 第10章 エイズをめぐる陰謀
  • 第11章 エイズと世界の狂気

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN09621534
  • ISBN
    • 4845708396
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    271p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ