都市の論理 : 権力はなぜ都市を必要とするか

書誌事項

都市の論理 : 権力はなぜ都市を必要とするか

藤田弘夫著

(中公新書, 1151)

中央公論社, 1993.10

タイトル読み

トシ ノ ロンリ : ケンリョク ワ ナゼ トシ オ ヒツヨウ ト スルカ

大学図書館所蔵 件 / 284

注記

文献: p224-229

7版(2003.5)の出版者: 中央公論新社

内容説明・目次

内容説明

現在、世界は未曾有の繁栄を享受する一方で、歴史上かつてない膨大な飢餓人口をかかえている。しかも、第一次産業への就業率の高い国ほど食糧事情が悪化し、都市化した国ほど飽食するという傾向は顕著である。食糧を消費する側の都市より生産する側の農村が飢えに苦しむというパラドックスはなぜ生じるのか。本書は、食糧という人類の根源的課題を軸に、権力の鏡としての都市の可能性と役割を斬新な視覚から問い直す試みである。

目次

  • 序章 都市と人類の発展—人間の鏡としての都市
  • 第1章 都市とは何か—都市と権力の概念と論理
  • 第2章 都市の建設—都市形成の論理と権力
  • 第3章 都市の威容—舞台としての都市
  • 第4章 上演されるドラマ—人間・国家・秩序
  • 第5章 都市の思想—都市的人間と反都市主義
  • 終章 都市論の新たなパラダイムを求めて—都市へのもうひとつの視角

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN09819360
  • ISBN
    • 9784121011510
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    229p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ