瀕死のリヴァイアサン : ロシアのイスラムと民族問題

書誌事項

瀕死のリヴァイアサン : ロシアのイスラムと民族問題

山内昌之 [著]

(講談社学術文庫, [1181])

講談社, 1995.6

タイトル読み

ヒンシ ノ リヴァイアサン : ロシア ノ イスラム ト ミンゾク モンダイ

大学図書館所蔵 件 / 128

内容説明・目次

内容説明

現代の「リヴァイアサン」ソ連の解体の後、「民主国家ロシア」によるチェチェンへの無差別攻撃は、全世界の人々に大きな衝撃をもたらした。このことはロシアの民主的な民族国家の建設が、きわめて困難な状況にあることを物語っている。国内に複雑な民族と宗教問題をかかえて苦悩するロシア。本書はその激動するロシアのイスラムと民族問題を、斯界の第一人者が確かなる史眼で捉えた刮目の書である。

目次

  • 第1部 ソ連研究と中東研究のパラメーター
  • 第2部 民族問題と危機の構図
  • 第3部 ホモ・イスラミクスとホモ・ソビエティクス

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ