横浜「チャブ屋」物語 : 日本のムーランルージュ

書誌事項

横浜「チャブ屋」物語 : 日本のムーランルージュ

重富昭夫編著

センチュリー, 1995.3

タイトル別名

横浜チャブ屋物語 : 日本のムーランルージュ

タイトル読み

ヨコハマ チャブヤ モノガタリ : ニホン ノ ムーラン ルージュ

大学図書館所蔵 件 / 10

内容説明・目次

内容説明

明治中期から太平洋戦争前までのおよそ数十年にわたり横浜の一時代を築いたチャブ屋。それは、当時横浜のシンボル的な存在であったリキシャマンによって形成された、ラシャメンでも遊郭でもない横浜が生み出したユニークな世界であった。断髪の美女と脂粉の香り嬌声ひびく洋館の中で夜ごと繰り広げられた横浜の中の西洋。チャブ屋は、横浜のエキゾチズムのルーツであり、文化でもある。

目次

  • 第1章 ハマの歴史、チャブ屋誕生秘話
  • 第2章 文学に描かれたチャブ屋風俗
  • 第3章 古き良き時代のチャブ屋体験

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN12710676
  • ISBN
    • 4915966070
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    横浜
  • ページ数/冊数
    v, 229p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ