なぜ人は病気になるのか : アーユルヴェーダで超える健康と病気

書誌事項

なぜ人は病気になるのか : アーユルヴェーダで超える健康と病気

上馬塲和夫著

出帆新社, 1994.7

タイトル読み

ナゼ ヒト ワ ビョウキ ニ ナルノカ : アーユルヴェーダ デ コエル ケンコウ ト ビョウキ

大学図書館所蔵 件 / 8

注記

参考文献: p287-289

内容説明・目次

内容説明

病気と健康とは、同じ「健」なるものの表面に現われたものである。生と死も含め、すべては一つ。そして、生かされて生きている自分に気づくこと、病気に感謝できるようになること。それが病気をする意味ではなかろうか。病気から救われ、あるいは健康を享受しながら「今を大切に生きる」ためのアーユルヴェーダの自然にそった生活の仕方を、日本の実情に即しながら平易に解説した書。

目次

  • 序文 「経験資療」としての生老病死
  • 第1章 病気の意味論
  • 第2章 アーユルヴェーダとは—Science and Art of Living
  • 第3章 アーユルヴェーダの診断法
  • 第4章 アーユルヴェーダの治療
  • 第5章 アーユルヴェーダで暮らす
  • 第6章 アーユルヴェーダのハーブ療法
  • 第7章 老いと死について—老いと死を越えるアムリタの思想

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN12812235
  • ISBN
    • 4915497054
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    289p, 折込図2枚
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ