書誌事項

ギリシア数学のあけぼの

上垣渉著

(ファラデーブックス)

日本評論社, 1995.12

タイトル読み

ギリシア スウガク ノ アケボノ

大学図書館所蔵 件 / 91

注記

ギリシア数学史に関する参考図書: p231-232

内容説明・目次

目次

  • 第1章 自然を語る人々
  • 第2章 自然哲学の始祖 タレス
  • 第3章 神秘の人 ピュタゴラス
  • 第4章 ピュタゴラス派の数論
  • 第5章 ピュタゴラス派の音楽論
  • 第6章 ピュタゴラス派の幾何学
  • 第7章 ピュタゴラス派の天文学
  • 第8章 学ばれるべきもの—数学
  • 補章 ギリシア数学の発展

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ