書誌事項

環境倫理と環境教育

伊東俊太郎編

(講座文明と環境 / 梅原猛, 伊東俊太郎, 安田喜憲編, 第14巻)

朝倉書店, 1996.3

タイトル読み

カンキョウ リンリ ト カンキョウ キョウイク

大学図書館所蔵 件 / 455

注記

内容: 第14巻執筆者, 総論: 現代文明と環境問題, I: 環境思想の源流(1「環境倫理学の成立」-4「環境問題はわれらに何を語りかけているか」), II: 近代科学と環境問題(5「「森=迷宮」的自然観と環境科学」, 6「システム哲学と環境概念」, コラム「東欧の壁をこじ開けた市民運動」), III: 環境問題と環境教育(7「生態学からみた環境教育」-9「森林観の変遷と環境意識」), IV: 西洋の文脈を離れて(10「朱熹の環境哲学」, 11「第三世界のエコロジー思想」, コラム「アニミズム論の闇と光」), あとがき(伊東俊太郎), 索引

文献: 各章末

収録内容

  • 現代文明と環境問題 / 伊東俊太郎 [執筆]
  • 環境倫理学の成立 / 加藤尚武 [執筆]
  • 自然保護思想の成立 : ウィルダネスの概念をめぐって / 鬼頭秀一 [執筆]
  • ディープエコロジーの環境哲学 : その意義と限界 / 森岡正博 [執筆]
  • 環境問題はわれらに何を語りかけているか : 環境学基礎論の試み / 池田善昭 [執筆]
  • 「森=迷宮」的自然観と環境科学 / 金子務 [執筆]
  • システム哲学と環境概念 / 河本英夫 [執筆]
  • 東欧の壁をこじ開けた市民運動 / 石弘之 [執筆]
  • 生態学からみた環境教育 / 沼田眞 [執筆]
  • 環境教育の現状と課題 / 鈴木善次 [執筆]
  • 森林観の変遷と環境意識 / 赤坂信 [執筆]
  • 朱熹の環境哲学 / 桑子敏雄 [執筆]
  • 第三世界のエコロジー思想 / 戸田清 [執筆]
  • アニミズム論の闇と光 / 鎌田東二 [執筆]

内容説明・目次

内容説明

20世紀末の人類は自然との共存にゆきづまった。地球環境問題は文明の問題でもある。この地球と文明の危機をのりきるために、本講座は自然科学、人文科学、社会科学の第一線の研究者の英知を結集し、自然と人間の共存を考える新しい視点を追求する。

目次

  • 総論 現代文明と環境問題
  • 1 環境倫理学の成立
  • 2 自然保護思想の成立
  • 3 ディープエコロジーの環境哲学—その意義と限界
  • 4 環境問題はわれらに何を語りかけているか
  • 5 「森=迷宮」的自然観と環境科学
  • 6 システム哲学と環境概念
  • コラム 東欧の壁をこじ開けた市民運動
  • 7 生態学からみた環境教育
  • 8 環境教育の現状と問題
  • 9 森林観の変遷と環境意識
  • 10 朱熹の環境哲学
  • 11 第三世界のエコロジー思想
  • コラム アニミズム論の闇と光

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • 講座文明と環境

    梅原猛, 伊東俊太郎, 安田喜憲編

    朝倉書店 1995.5-1996.9

    所蔵館3館

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN14083180
  • ISBN
    • 4254105649
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 219p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ