書誌事項

中世を推理する

邦光史郎著

(集英社文庫)

集英社, 1991.1

タイトル読み

チュウセイ オ スイリスル

大学図書館所蔵 件 / 6

内容説明・目次

内容説明

中世はいわば歴史の空白地帯といってよい。古代史ファンにもほとんど無視されてきた。もっとも波乱に富んだ人生を送った後醍醐天皇の冒険物語。謎の武将楠木正成、かつては逆臣と呼ばれ、今は英傑と評価の変った足利尊氏等々、興味深い人物は数多いのに、それはなぜか?中世が歴史の変革期に当っており、わかりにくいからだ。この知られざる中世の魅力と謎の一端を著者独自の視点で探ったのが本書である。

目次

  • 蒙古襲来
  • 建武の中興
  • 楠木正成の素顔
  • 足利尊氏と新田義貞
  • 阿野廉子
  • 婆沙羅大名・佐々木道誉
  • 中世の生活
  • 当今(主上)謀叛
  • 建武政権の崩壊

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN14388938
  • ISBN
    • 4087496759
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    253p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ