上栗須寺前遺跡群 2 : 藤岡扇状地扇端部における縄文・奈良時代を中心とした集落址と古墳の調査

書誌事項

上栗須寺前遺跡群 2 : 藤岡扇状地扇端部における縄文・奈良時代を中心とした集落址と古墳の調査

群馬県埋蔵文化財調査事業団編

(群馬県埋蔵文化財調査事業団調査報告, 第185集 . 関越自動車道(上越線)地域埋蔵文化財発掘調査報告書||カンエツ ジドウシャドウ ジョウエツセン チイキ マイゾウ ブンカザイ ハックツ チョウサ ホウコクショ ; 第30集)

群馬県埋蔵文化財調査事業団, 1995.3

  • [本文]
  • [図版]

タイトル読み

カミクリス テラマエ イセキグン 2 : フジオカ センジョウチ センタンブ ニ オケル ジョウモン ナラ ジダイ オ チュウシン トシタ シュウラクシ ト コフン ノ チョウサ

大学図書館所蔵 件 / 24

この図書・雑誌をさがす

注記

1区(上栗須薬師裏)2区(上栗須薬師前)

図版17枚(袋入)

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN15039118
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    北橘村(群馬県)
  • ページ数/冊数
  • 大きさ
    30cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ