宮里 智樹 Miyazato Tomoki

論文一覧:  19件中 1-19 を表示

  • 学習者からみた大学におけるデジタル教材の評価と課題

    東 るみ子 , 早乙女 理恵 , 宮里 智樹

    JeLA会誌 14, 81-89, 2014-07

  • 離島における固定WiMAXの効果的利用を目的とした複数無線混合型ネットワークの構築と検証(一般,移動通信ワークショップ)

    仲宗根 朝哉 , 宮里 智樹

    現在我々は,(株)沖縄テレメッセージとの共同研究として,伊江村において固定WiMAXを中心とした複数無線混合型ネットワークの構築と,その実証実験を行なっている.本研究ではその一貫として,伊江村という離島環境において固定WiMAXを中心とした実ネットワークを構築するとともに,そのネットワークの有効性,及び固定WiMAXの基礎的な特性評価を行い,伊江村における無線ネットワーク構築時においての構成案を示 …

    電子情報通信学会技術研究報告. RCS, 無線通信システム 111(451), 241-246, 2012-02-29

    参考文献5件

  • 複数インターフェースを利用した並列通信手法の実ネットワークにおける検証(一般,移動通信ワークショップ)

    湧川 裕太 , 宮里 智樹

    近年の無線通信の急速な発展に伴い,WiFiはもとより,WiMAX,LTE,UWBといった様々な通信手段が存在する.しかし,TCP/IPに基づく通信では,通常1つのコネクションに対して1つのインターフェースを用いるため,利用可能なインターフェースが複数存在しても,1つのインターフェースしか用いる事が出来ない.本研究では,複数インターフェースを用いた並列通信を実現する一手法を提案し,実ネットワーク上で …

    電子情報通信学会技術研究報告. RCS, 無線通信システム 111(451), 235-239, 2012-02-29

    参考文献3件

  • WINDS衛星における降雨減衰補償に関する研究(符号化,変復調・信号処理技術及び一般)

    早乙女 理恵 , 渡慶次 憲人 , 東 るみ子 [他] , 宮里 智樹 , 奥居 民生 , 鈴木 良昭 , 高橋 卓 , 玉城 史朗

    WINDSは高速通信を実現するためにKa帯を利用しており、安定的なサービスを実現するためには降雨減衰補償が重要な要因となる。本研究では、降雨減衰の影響が最も顕著である沖縄県において、NICTの委託を受けて2009年11月から琉球大学で実施しているWINDS伝搬データ取得実験について報告し、降雨減衰特性について検討を行う。

    電子情報通信学会技術研究報告. SAT, 衛星通信 110(73), 29-32, 2010-06-03

    参考文献1件 被引用文献1件

  • B-1-37 WINDSにおける降雨減衰特性に関する一考察(B-1.アンテナ・伝播A(電波伝搬,非通信利用),一般セッション)

    早乙女 理恵 , 渡慶次 憲人 , 東 るみ子 , 宮里 智樹 , 鈴木 良昭 , 高橋 卓

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 2010年_通信(1), 37, 2010-03-02

  • B-1-34 18/26GHz帯FWAの伝送品質に関する研究(B-1. アンテナ・伝播A(電波伝搬,非通信利用),一般セッション)

    早乙女 理恵 , 宮里 智樹 , 玉城 史朗

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 2008年_通信(1), 34, 2008-03-05

  • 衛星回線と地上回線を同時利用可能なマルチデータ通信システムに関する研究(通信方式,バッファ制御)

    来間 健作 , 上原 未央 , 宮里 智樹 [他] , 玉城 史郎

    衛星インターネットはディジタルディバイド解消等、衛星通信の特性を活かしたいろいろな利用方法が構想されているが、衛星インフラ整備に対する採算性の問題で商業サービスの参入が困難である。この局面を打開する効果的なシステムの開発を目指し、我々は衛星回線と地上回線を同時利用可能なマルチデータ通信システムの提案を行った。そして、ネットワークシミュレータを用いて、提案システムの性能評価・検証した結果について報告 …

    電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム 107(524), 149-154, 2008-02-28

    参考文献2件

  • 18/26GHz band FWAにおける降雨減衰予測モデルの構築(衛星通信技術及び一般(JC-SAT2007))

    早乙女 理恵 , 宮里 智樹 , 玉城 史朗

    沖縄県は亜熱帯気候の島嶼地域であり、東西南北に広く島が点在している。そのため、高速インターネット網が行き届いていない地域(デジタル・ディバイド)が多くある。その地域を救済するには、Ka帯衛星通信WINDSやFWAの様な、高帯域化が容易な準ミリ波帯無線通信を使用することが必要となる。使用周波数帯はと周波数が高いため降雨による電波の減衰(降雨減衰)が無視できない。降雨減衰によっての通信品質の補償につい …

    電子情報通信学会技術研究報告. SAT, 衛星通信 107(299), 183-187, 2007-10-25

    参考文献1件 被引用文献2件

  • 18GHz帯と26GHz帯における時系列解析を用いた降雨減衰特性のモデリング

    大城 康治 , 早乙女 理恵 , 安次嶺 親志 , 宮里 智樹 , 玉城 史朗

    情報理論とその応用シンポジウム予稿集 = The proceedings of the Symposium on Information Theory and Its Applications 29(1), 173-176, 2006-11-28

    参考文献3件

  • 18GHz帯FWAにおける降雨減衰予測モデルの構築

    早乙女 理恵 , 宮里 智樹 , 玉城 史朗

    情報理論とその応用シンポジウム予稿集 = The proceedings of the Symposium on Information Theory and Its Applications 28(2), 761-764, 2005-11-20

    参考文献1件 被引用文献1件

  • MIMO無線通信における伝搬路のロバスト推定法に関する研究

    屋良 朝之 , 宮里 智樹

    情報理論とその応用シンポジウム予稿集 = The proceedings of the Symposium on Information Theory and Its Applications 28(2), 463-466, 2005-11-20

    参考文献1件

  • B-1-6 18GHz帯FWAにおける降雨減衰特性の長期依存性解析(B-1. アンテナ・伝播A(電波伝搬, 非通信利用), 通信1)

    早乙女 理恵 , 宮里 智樹 , 大城 康治 , 玉城 史朗

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 2005年_通信(1), 6, 2005-03-07

  • 輻輳通知の時間遅れを考慮したボトルネックルータ検知と高精度フロー制御手法の提案-輻輳予測の有効性検証を目指して-

    長田 智和 , 宮里 智樹 , 谷口 祐治 , 玉城 史朗

    近年,インターネットの普及により, GigabitEthernet, ATM技術などを使ったネットワークの高速化が進み,様々なネットワークサービスの提供によって通信トラフィックが爆発的に増加している.このような状況において,ネットワークにおけるルータがボトルネックとなり,パケット破棄や遅延を発生させ,通信スループットを低下させるケースが多くなっている.これは,既存のTCPにおける輻輳制御の仕組みが …

    分散システム/インターネット運用技術シンポジウム2002論文集 2002, 87-92, 2002-01-31

    情報処理学会

  • UHF帯における室内多重波伝搬遅延特性 (その1)

    宮里 智樹 , 勝見 義之 , 山田 松一

    室内無線LANの多重波伝搬遅延特性の統計的性質を明らかにするため, 大学における室内環境として典型的な構造を有する事務室, 講義室(A, B), 卒業研究室とこれに隣接する廊下の5箇所において, UHF帯の430, 1300, 2500MHzの3周波数について伝搬実験を行った. 送受信には垂直偏波使用の水平面内無指向性アンテナを用い, 送信アンテナは固定した状態で, 受信アンテナを室内の色々な場所 …

    電子情報通信学会技術研究報告. RCS, 無線通信システム 100(662), 59-64, 2001-03-07

    参考文献3件

  • UHF帯における室内多重波伝搬遅延特性 : その1

    宮里 智樹 , 勝見 義之 , 山田 松一

    室内無線LANの多重波伝搬遅延特性の統計的性質を明らかにするため,大学における室内環境として典型的な構造を有する事務室,講義室(A,B),卒業研究室とこれに隣接する廊下の5箇所において,UHF帯の430,1300,2500MHzの3周波数について伝搬実験を行った。送受信には垂直偏波使用の水平面内無指向性アンテナを用い,送信アンテナは固定した状態で,受信アンテナを室内の色々な場所に移動させて伝送遅延 …

    電子情報通信学会技術研究報告. SST, スペクトル拡散 100(656), 59-64, 2001-03-07

  • B-1-3 UHF帯における屋内での相関帯地域幅測定

    宮里 智樹 , 勝見 義之 , 山田 松一

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 2001年.通信(1), 21, 2001-03-07

  • UHF帯における室内多重波伝搬遅延特性 (その1)

    宮里 智樹 , 勝見 義之 , 山田 松一

    室内無線LANの多重波伝搬遅延特性の統計的性質を明らかにするため, 大学における室内環境として典型的な構造を有する事務室, 講義室 (A,B), 卒業研究室とこれに隣接する廊下の5箇所において, UHF帯の430, 1300, 2500MHzの3周波数について伝搬実験を行った. 送受信には垂直偏波使用の水平面内無指向性アンテナを用い, 送信アンテナは固定した状態で, 受信アンテナを室内の色々な場所 …

    電子情報通信学会技術研究報告. A・P, アンテナ・伝播 100(659), 59-64, 2001-03-07

    参考文献3件

  • UHF帯における室内多重波伝搬遅延特性 (その1)

    宮里 智樹 , 勝見 義之 , 山田 松一

    室内無線LANの多重波伝搬遅延特性の統計的性質を明らかにするため, 大学における室内環境として典型的な構造を有する事務室講義室 (A,B), 卒業研究室とこれに隣接する廊下の5箇所において, UHF帯の430, 1300, 2500MHzの3周波数について伝搬実験を行った. 送受信には垂直偏波使用の水平面内無指向性アンテナを用い, 送信アンテナは固定した状態で, 受信アンテナを室内の色々な場所に移 …

    電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波 100(665), 59-64, 2001-03-07

    参考文献3件

  • 非線形伝熱プロセスのロバストディジタル制御

    佐久間 康弘 [他] , 宮里 智樹 , 玉城 史朗 , 金城 寛 , 山本 哲彦

    In this paper, we propose a systematic controller design which treats problems of system identification and robust controller design, for a nonlinear heat-transfer process. First, we construct a conve …

    日本機械学會論文集. C編 61(588), 3240-3246, 1995-08-25

    機関リポジトリ 参考文献11件 被引用文献1件

ページトップへ