阿部 公輝 Abe Koki

ID:1000000017443

電気通信大学 情報工学科 Department of Computer Science, The University of Electro-Communications (2013年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  150件中 1-20 を表示

  • 帯域の有効利用と公平性を考慮した機械学習型TCP輻輳制御

    塩津 晃明 , 矢崎 俊志 , 阿部 公輝

    TCP, a current de facto standard transport-layer protocol of the Internet, cannot fully utilize the available bandwidth. Fairness between TCP flows is another important measure of TCP performance. We …

    電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and Systems Society 133(6), 1259-1268, 2013-06-01

    J-STAGE 参考文献17件

  • v.Connect:ユーザが声色操作可能な歌声合成器

    小川 真 , 矢崎 俊志 , 阿部 公輝

    VOCALOID 「初音ミク」 の発売以来,ユーザが自由に歌声ライブラリを制作できるフリーの歌声合成器 UTAU が開発されるなど,歌声合成への関心が高まっている.これら歌声合成器は主にアマチュアの音楽制作に使用されるが,ユーザが声色を任意時刻に混ぜて指定する機能がない.また,声色操作を行うことで処理時間やデータ量が大きくなる.本研究では音声合成分析系 WORLD を用い,メルケプストラムと Vo …

    研究報告音楽情報科学(MUS) 2012-MUS-94(10), 1-7, 2012-01-27

    情報処理学会

  • v.Connect:ユーザが声色操作可能な歌声合成器

    小川 真 , 矢崎 俊志 , 阿部 公輝

    VOCALOID 「初音ミク」 の発売以来,ユーザが自由に歌声ライブラリを制作できるフリーの歌声合成器 UTAU が開発されるなど,歌声合成への関心が高まっている.これら歌声合成器は主にアマチュアの音楽制作に使用されるが,ユーザが声色を任意時刻に混ぜて指定する機能がない.また,声色操作を行うことで処理時間やデータ量が大きくなる.本研究では音声合成分析系 WORLD を用い,メルケプストラムと Vo …

    研究報告音声言語情報処理(SLP) 2012-SLP-90(10), 1-7, 2012-01-27

    情報処理学会

  • F-028 コンテンツフィルタリングの自動化手法(Web情報処理,F分野:人工知能・ゲーム)

    池田 匡邦 , 矢崎 俊志 , 阿部 公輝

    情報科学技術フォーラム講演論文集 10(2), 475-478, 2011-09-07

  • FPGAによるリングオシレータ型真性乱数生成器の性能向上

    羽田 和倫 , 阿部 公輝

    FPGA 上で複数のリングオシレータを用いる乱数生成器として,各リングオシレータからの出力から排他的論理和を取り,その後にサンプリングする手法 (Sunar 型) と排他的論理和を取る前にフリップフロップ回路を用いて各リングオシレータからの出力をサンプリングする手法 (Wold 型) が知られている.本研究では,FPGA への実装において,配線の遅延のバラツキが小さくなるように,リングオシレータを …

    研究報告インターネットと運用技術(IOT) 2011-IOT-13(19), 1-6, 2011-05-05

    情報処理学会

  • FPGAによるリングオシレータ型真性乱数生成器の性能向上

    羽田 和倫 , 阿部 公輝

    FPGA 上で複数のリングオシレータを用いる乱数生成器として,各リングオシレータからの出力から排他的論理和を取り,その後にサンプリングする手法 (Sunar 型) と排他的論理和を取る前にフリップフロップ回路を用いて各リングオシレータからの出力をサンプリングする手法 (Wold 型) が知られている.本研究では,FPGA への実装において,配線の遅延のバラツキが小さくなるように,リングオシレータを …

    研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC) 2011-CSEC-53(19), 1-6, 2011-05-05

    情報処理学会

  • FPGAによるリングオシレータ型真性乱数生成器の性能向上

    羽田 和倫 , 阿部 公輝

    FPGA上で複数のリングオシレータを用いる乱数生成器として,各リングオシレータからの出力から排他的理論和を取り,その後にサンプリングする手法(Sunar型)と排他的理論和を取る前にフリップフロップ回路を用いて各リングオシレータからの出力をサンプリングする手法(Wold型)が知られている.本研究では,FPGAへの実装において,配線の遅延のバラツキが小さくなるように,リングオシレータを構成するインバー …

    電子情報通信学会技術研究報告. ICM, 情報通信マネジメント : IEICE technical report 111(30), 105-110, 2011-05-05

    参考文献6件

  • FIFO置換方式によるCAMベース世代分割高連想度キャッシュ (ディペンダブルコンピューティング)

    岡部 翔 , 阿部 公輝

    電子情報通信学会技術研究報告 110(474), 219-224, 2011-03-18

  • FIFO置換方式によるCAMベース世代分割高連想度キャッシュ (コンピュータシステム)

    岡部 翔 , 阿部 公輝

    電子情報通信学会技術研究報告 110(473), 219-224, 2011-03-18

  • FIFO置換方式によるCAMベース世代分割高連想度キャッシュ

    岡部 翔 , 阿部 公輝

    CAM ベース高連想度キャッシュは,高性能な組込みシステムに広く用いられている.本論文では,CAM ベース高連想度キャッシュにおいて,消費電力を抑えるために,SRAM と CAM を併用し,SRAM を利用頻度に応じてサブバンクごとに 2 つの領域 (第 1 世代 SRAM と第 2 世代 SRAM) に分ける.さらに,第 2 世代 SRAM の置換方式を FIFO とし,性能を維持しつつ回路コス …

    研究報告組込みシステム(EMB) 2011-EMB-20(37), 1-6, 2011-03-11

    情報処理学会

  • FIFO置換方式によるCAMベース世代分割高連想度キャッシュ

    岡部 翔 , 阿部 公輝

    CAM ベース高連想度キャッシュは,高性能な組込みシステムに広く用いられている.本論文では,CAM ベース高連想度キャッシュにおいて,消費電力を抑えるために,SRAM と CAM を併用し,SRAM を利用頻度に応じてサブバンクごとに 2 つの領域 (第 1 世代 SRAM と第 2 世代 SRAM) に分ける.さらに,第 2 世代 SRAM の置換方式を FIFO とし,性能を維持しつつ回路コス …

    研究報告システムLSI設計技術(SLDM) 2011-SLDM-149(37), 1-6, 2011-03-11

    情報処理学会

  • スタックベースGCの提案とスクリプト言語Luaにおける評価

    小室 直 , 阿部 公輝

    現在多くのスクリプト言語処理系にGarbage Collection(以降GC)が組み込まれている.GCによる自動メモリ管理はスクリプト言語に大幅な自由を与えるが,処理時間とメモリ使用量が増加し,リソースが限られた環境において動作するビデオゲームのようなアプリケーションでは問題となる.本論文では動的なリージョン操作によりオブジェクトを管理するスタックベースGCを提案し,スクリプト言語処理系に組み込 …

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO) 3(5), 29-29, 2010-12-10

    情報処理学会

  • 分岐方向による予測失敗率の差異を考慮した分岐予測信頼性判定

    二ノ宮 康之 , 阿部 公輝

    分岐予測の信頼性判定を用いたプロセッサの性能向上手法が提案されている.これらの手法の効果は信頼性判定の精度に依存するため,信頼性判定手法には高い精度が求められている.本論文では,分岐方向による予測失敗率の差を利用した分岐予測の信頼性判定手法を提案する.提案手法は,分岐命令の予測失敗率が分岐方向により異なることを利用するために,分岐予測結果に応じて分岐成立の場合のしきい値と分岐不成立の場合のしきい値 …

    電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition) 93(11), 2368-2379, 2010-11-01

    参考文献16件

  • マルチコアプロセッサのコアごとのアクセス局所性を利用した共有キャッシュの消費電力削減 (集積回路)

    佐藤 公紀 , 阿部 公輝

    電子情報通信学会技術研究報告 109(405), 13-18, 2010-01-28

  • マルチコアプロセッサのコアごとのアクセス局所性を利用した共有キャッシュの消費電力削減

    佐藤 公紀 , 阿部 公輝

    L2 キャッシュに共有キャッシュ方式を用いたマルチコアプロセッサにおいて,ラインごとのコア局所性に着目し,タグ比較の回数を減らすことにより動的な消費電力を削減することを考える.L2 キャッシュの各ラインごとに前回アクセスしたコアの番号を記憶させ,次回のアクセスに利用する手法を提案する.本手法の有効性を調べるために,ベンチマークプログラムを用いてコア局所性とタグ比較回数の削減割合を測定した.実験の結 …

    研究報告計算機アーキテクチャ(ARC) 2010-ARC-187(3), 1-6, 2010-01-21

    情報処理学会 参考文献6件

  • マルチコアプロセッサのコアごとのアクセス局所性を利用した共有キャッシュの消費電力削減

    佐藤 公紀 , 阿部 公輝

    L2 キャッシュに共有キャッシュ方式を用いたマルチコアプロセッサにおいて,ラインごとのコア局所性に着目し,タグ比較の回数を減らすことにより動的な消費電力を削減することを考える.L2 キャッシュの各ラインごとに前回アクセスしたコアの番号を記憶させ,次回のアクセスに利用する手法を提案する.本手法の有効性を調べるために,ベンチマークプログラムを用いてコア局所性とタグ比較回数の削減割合を測定した.実験の結 …

    研究報告組込みシステム(EMB) 2010-EMB-15(3), 1-6, 2010-01-21

    情報処理学会 参考文献6件

  • H.264/AVCにおける高速高精度動き検出法

    渡邉 良亮 , 阿部 公輝

    動画像符号化規格であるH.264/AVCは,高度の動き補償技術の導入により,動き検出処理に時間がかかる.高速動き検出法Unsymmetric-Cross-Multi-Hexagon-Grid Search(UMHEX)は,全探索(Full Search)と比べて探索時間を大きく抑えながらも画質をほとんど落とさない手法として提案された.本研究ではUMHEXをさらに改良し,演算時間がかからず画質も劣化 …

    映像情報メディア学会技術報告 33(55), 65-70, 2009-12-07

    参考文献8件

  • H.264/AVCにおける高速高精度動き検出法

    渡邉 良亮 , 阿部 公輝

    動画像符号化規格であるH.264/AVCは,高度の動き補償技術の導入により,動き検出処理に時間がかかる.高速動き検出法Unsymmetric-Cross-Multi-Hexagon-Grid Search (UMHEX)は,全探索(Full Search)と比べて探索時間を大きく抑えながらも画質をほとんど落とさない手法として提案された.本研究ではUMHEXをさらに改良し,演算時間がかからず画質も劣 …

    電子情報通信学会技術研究報告. IE, 画像工学 109(323), 65-70, 2009-11-30

    参考文献8件

ページトップへ