廣野 幹彦 HIRONO Mikihiko

ID:1000000018483

新潟大学工学部 Faculty of Engineering, Niigata University (2004年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  9件中 1-9 を表示

  • 結合により電力低下を示す非線形回路振動子

    八木 英治 , 前田 義信 , 牧野 秀夫 [他] , 廣野 幹彦

    神経系,刺激伝導系を構成する生体の細胞群は活動電位と呼ばれるインパルスを生成し伝播することで情報のやりとりをしている.このような細胞群の特性の解明、あるいは生体の情報処理機構の工学的な応用を目的に電子回路を用いた生体のモデル化がなされている.これまで,我々は心筋細胞の活動電位を再現する発振回路型のモデルを提案し,その結合系において結合後の同期周期が結合前の固有周期よりも小さくなる加速現象について調 …

    電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム 103(569), 41-46, 2004-01-16

    参考文献15件

  • A-19-1 拡大読書器での応用を目的とした非可視型 SP コード復号方法に関する検討

    佐々木 靖 , 牧野 秀夫 , 前田 義信 , 廣野 幹彦 , 石井 郁夫

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 2003年_基礎・境界, 366, 2003-03-03

  • 拡張現実感を目的とした非可視型バーコードの応用 : 物体位置検出と音声案内方法

    山本 智志 , 牧野 秀夫 , 前田 義信 [他] , 廣野 幹彦

    実環境に仮想環境を付加して情報を提示する技術は拡張現実感と呼ばれ, この技術を用いた作業補助や日常生活の支援方法が提案されている.本稿では, この拡張現実システムを開発するために必要な物体の認識手段とシステム利用者への情報提示手段に関する検討を行った.具体的には, 肉眼では確認できないバーコード(以下, 非可視型バーコード)とCCDカメラを組み合せた物体案内システムを構築した.CCDカメラで撮影し …

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 100(330), 59-66, 2000-09-22

    参考文献14件

  • 赤外線透過顔料を用いた物体識別手法

    山宮 士郎 , 牧野 秀夫 , 廣野 幹彦 [他] , 前田 義信 , 石井 郁夫

    物体識別用非可視型コード開発を目的に, カラー印刷において近赤外線透過特性の異なる顔料とその印刷方法を開発した.従来我々は近赤外線透過型顔料の特性と応用に関する研究を進め, 近赤外領域いおいて高い透過性をもつ黒色顔料(AM-BK)を開発してきた(牧野, 山宮他, 1997年).この顔料は, 肉眼的には通常の顔料と同様の可視光特性をもち, 耐光性も通常の顔料と同様であるため, いわゆるユニバーサルデ …

    電子情報通信学会論文誌. D-I, 情報・システム, I-情報処理 J83-D-I(7), 797-803, 2000-07-25

    機関リポジトリ 参考文献24件 被引用文献1件

  • 非可視型バーコードの構成材料に関する基礎研究[II]

    山宮 士郎 , 牧野 秀夫 , 廣野 幹彦 , 渡邊 新二 , 石井 郁夫

    前回(MBE98-25)は近赤外線非吸収性顔料AM-BKを応用することによって、黒色の非可視型バーコード作成が可能なことを報告した。さらにその応用として、記憶容量の大きなグレースケール型も可能なことを示した。今回は、黒色バーコードでは使用範囲に制限があるためカラーの非可視型バーコードの検討を行なった。実験では顔料にカーボンブランク(CB)を添加ししたものを吸収型とし、AM-BKを添加したものを反射 …

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 98(671), 31-37, 1999-03-18

    参考文献5件

  • 簡易読み取りを目的とした分割型二次元バーコードの検討

    中村 英雄 , 牧野 秀夫 , 山宮 士郎 , 前田 義信 , 廣野 幹彦

    印刷情報と人間との簡易インターフェース作成を目的に, 誤り訂正符号と連接符号に基づく分割型二次元バーコードに関する研究を行った.本手法はブロックという要素の集合で構成され, ブロックを単位として自由に形状を変更できる.また, 静止画像あるいは動画像中の各フレームから, バーコードの向きに依存せずに読み取りを行うことが可能である.さらに, 誤り訂正機能, 未走査部分や破損部分の復元機能を持つ.実験で …

    電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎 98(503), 1-8, 1999-01-18

    参考文献11件 被引用文献1件

  • 非可視型バーコードの構成材料に関する基礎研究 [I]

    山宮 士郎 , 牧野 秀夫 , 廣野 幹彦 , 渡邊 新二 , 石井 郁夫

    非可視型バーコードの開発を目的に赤外線透過性専用の色素を検討し、赤外線透過率の高い黒色顔料(以下AM-BKという)を見出した。この色素は可視光領域での黒度が高く、耐光性が強い上に、色材としての諸性質が優れていた。実験ではこの顔料とカーボンブラック(以下CBという)の組み合わせで黒色の非可視型バーコードが構成できることを示す。更にこのAM-BKにCBを添加すると反射率は指数関数的に減衰することが分か …

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 98(95), 49-53, 1998-05-30

    参考文献6件 被引用文献2件

  • 非可視型コードを用いた視覚障害者用屋内案内装置の開発 : 超音波レンジセンサによる自律走行

    小島 恵一 , 牧野 秀夫 , 山宮 士郎 , 廣野 幹彦 , 石井 郁夫

    視覚障害者が未知の建物内を歩行する場合、現在地・目的地までの経路を知ることは重要である。そこで、我々は屋内において合成音声による現在地の案内と自律走行による目的地までの誘導を行う基本装置を開発した。具体的には、ランドマークとして近赤外反射型顔料を利用した非可視型コードを用い、外界センサとしてCCDカメラと超音波レンジセンサを用いた。実験では、試作した装置を用いて自律走行動作を確認した。その結果、時 …

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 97(622), 83-90, 1998-03-20

    医中誌Web 参考文献6件 被引用文献1件

  • 非可視型二次元コードを用いた顔写真符号化の一方式

    関 涼子 , 牧野 秀夫 , 山宮 士郎 , 廣野 幹彦 , 渡邊 新二 , 石井 郁夫

    ID(Identification)カードにおける偽造防止を目的に、顔写真・サイン等をディジタル化したのち二次元バーコードでカード上に貼付する方式が利用されている。しかし、通常の二次元コードを貼付した場合にはカードそのもののデザインにも影響を与え、さらに専用の表示スペースも必要となる。そこで、カード上へのディジタル情報の印刷に我々が独自に開発している非可視型二次元コードを応用し、顔画像データの符号 …

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 97(622), 67-74, 1998-03-20

    参考文献17件 被引用文献2件

ページトップへ